家族で楽しむ

HOME > 家族で楽しむ

ファミスキのスケジューリングのポイント

ポイント1
子供の生活のリズムを崩さない
ポイント2
子供中心に考える
ポイント3
こまめに休憩をとる
ポイント4
アクセス時間はできるだけ少なく
ポイント5
余裕のある「お泊り」がおすすめ

なるべく子供の生活のリズムを崩さないよう、出発時間は6時くらいがベスト!渋滞が予想される場合は早めに出発してクルマの中で寝かせておく、ということもできるので、その辺は臨機応変に。翌日、学校や幼稚園という場合は帰りの時間が遅くならないように注意してね!

6:00
しゅっぱ~つ!
アクセスに時間がかかるとスキー場での滞在時間が短くなりますし、クルマの中で子供が飽きてしまうことも避けられます。「片道2時間半」を目安にスキー場を選んでみましょう。
8:00
スキー場に到着

湯沢中里は駐車場でクルマから降りるとすぐにゲレンデ!スキーセンターもすぐ近くにあり、着替えに行くのも簡単。コインロッカーやレンタルコーナーが同じ階にあり移動が少なく便利!

9:00
まずは雪に慣れよう!
ゲレンデ内の「雪遊びパーク」は独立したエリアなので、子供たちを安心して遊ばせることができます。ソリ遊び用、雪遊び用に分かれているのでとっても安全!
10:00
スクールに入校!

スキーは最初が肝心。教えるプロに任せれば安心!
スキースクールには4~6歳の『キッズクラス』があり、専用のゲレンデでレッスン!レッスン時間は子供の集中力を考えて1時間30分と少し短め!

11:45
早めのランチ

ランチの席取り合戦は結構疲れます。だから、ちょっと早めのランチがオススメ!ゲレンデの食事はおいしくないと思われがちですが、湯沢中里は魚沼産コシヒカリやもち豚など、食材にこだわっていて、とてもおいしいんです!

13:00
午後は雪あそび!

スキー場は滑るだけのところではないんです!ジェットトレインパークではゴムボードで雪上を滑走できるアクティビティもあり、まるで「雪上遊園地」です。パパもママも楽しんで!

 


14:00
別れて行動!

ママと幼児は『ブルートレイン中里』や『キッズルーム』などの、ブーツを脱いで寛げる無料休憩所で休憩!幼児のお昼寝タイムにぜひ活用してください! パパは、ジョイフルコースのような、幅が広くて緩斜面がずっと続いているバーンへ!途中に『なんちゃってアスレチック』や『なんちゃってクロス』といった、初級者でも楽しめるアイテムが設置されているので、ぜひ子供と一緒に滑ってみて!

15:00
3時のおやつ

疲れたときのエネルギー補給はスイーツ!疲れたときには甘いものがいちばん。スキーセンター2階レストランにはケーキセットがあり、クラッピーボックスにはソフトクリームがあります!

16:00
無料の大浴場へ

スキーセンター内の“無料”入浴施設「スパ ベルク」
帰宅してから、子供たちをお風呂に入れるのはとても大変!無料の入浴施設で、しっかり汗を流してから帰りましょう!帰宅したら、後は寝るだけ。とっても楽チン!

17:00
バイバーイ、またね!

アクセスに時間がかからないと帰りがラクチン!
湯沢中里なら順調にいけば、17時に出発して19時過ぎには練馬ICに到着できます。もちろん渋滞することもありますが、アクセスがいいに越したことはありません!

中里を満喫! 滞在スケジュールプラン!

もっと余裕を持ちたい方に。
宿泊プラン

  • 2015シーズン券(食事券付き)好評発売中
  • お得なクーポンをGET! 割引券情報
  • SUMMER 湯沢中里
モバイルサイトはこちら↓↓
湯沢中里スキー場 モバイルサイト
www.yuzawa-nakazato.com/winter/m/